レーザー、オルソケラトロジー、視力回復トレーニング、グッズなど目が良くなる様々な方法とは

 

1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法〜自宅トレーニングセット・メールサポート付〜

 

目が良くなる方法あれこれ

目が良くなる方法としては、近視レーザー手術、人工レンズの挿入、オルソケラトロジー、3Dイラスト、ブルーベリーなど様々な治療法や視力回復のためのトレーニング、グッズ、サプリメントなどが紹介されています。

 

最近ではエキシマレーザーという特殊なレーザーが2000年に厚生労働省の認可をうけて依頼、RKと呼ばれるメスによる手術にかわってレーシック、PRK、ラセックなどレーザーによる近視治療が目が良くなる矯正方法として注目を集めています。

特にアメリカで年間100万人以上が治療をうけているレーシックは、日本においてもメガネやコンタクトレンズに次ぐ地位を確立しつつあります。


レーザーによる手術以外では、人工レンズやリングを目の中に入れて視力を矯正するICRS、コルネアル・インレイ、フェイキックIOLなどの近視手術が高度近視に有効な画期的な治療法として期待が高まっています。

 

一方、手術しないで目が良くなる方法としては、オルソ・ケラトロジーの関心が高まっています。オルソ・ケラトロジーは、夜眠っている間に特殊コンタクトレンズ(オルソKレンズ)を装着することで、角膜のカーブに変化(角膜の表面を平らにする)をつけ視力を矯正する治療法です。1998年にFDA(アメリカ食品医薬品局)の認可を受けているオルソ・ケラトロジーは、アメリカでは治療を受けた患者数も100万人以上といわれており、今後、日本での普及が注目されます。


それぞれの治療法は適応できる近視の度合いも異なり、矯正度数の範囲や視力回復のスピード、痛み、術後の経過、合併症の危険性なども様々ですので、ご自身の目の状態をきちんと判断できる経験豊富な眼科専門医に事前に相談することが大切です。

 

また、自宅で目を良くする視力回復トレーニングや様々な視力回復グッズ、サプリメントなどの食品については、近眼の原因が科学的に証明されていない以上、はっきり効果があるとか改善されないといったことはいえず、否定も肯定もできないのが現状のようです。

ただし、目の奥行きの長さなどの目自体の形状や角膜、水晶体の屈折の強度などが屈折異常、近視の直接的な要因である以上、目がよくなる視力回復トレーニング法や視力回復グッズ、サプリメントなどに過剰な期待をしないほうがいいでしょう。

 

1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法〜自宅トレーニングセット・メールサポート付〜